剛毛だって気にしない!脱毛サロンにLet's Go

 

自分のムダ毛の質は剛毛なのか

安全カミソリ等のツールを買い込んで地道にムダ毛を処理している自己施術派は、剃っても剃っても薄くならないのを見て、自分が剛毛である事に気が付くのかも知れません。そうすると、脱毛サロンに行けば問題は解決するのではないかという声も聞こえてきそうですが、本当に効果があるのか納得の行く説明がなければ自信を持って、脱毛サロンに足を向ける事は出来ないでしょう。

剛毛なムダ毛はフラッシュ脱毛に相性がぴったり

そこで、ここでは剛毛なムダ毛を脱毛サロンで主流になっているフラッシュ脱毛は、本当に効果があるのか、あるいは効果があるのならどの様な理由で効果を発揮するのかを次に示していきます。まずフラッシュ脱毛の仕組みを考えてみるとフラッシュ脱毛用専用マシンを使い、インテンスパルスライトという光のエネルギーを利用して、ムダ毛の心臓部である毛根のメラニン色素と呼ばれる部分にアクセスして、毛根としての機能を弱体化させるのです。このインテンスパルスライトは医療用レーザーよりも出力を低く抑制させているので、医師でなくても安全に使用する様に出来ています。また毛根だけにアクセス出来るので、無関係な肌にダメージを与えずに済むというメリットがあり、また黒色に反応しやすいという特徴があるので剛毛である事はむしろ、フラッシュ脱毛にピッタリの相性と言えるかも知れません。

肌を紫外線で焼いてからの施術はNG

但し、日焼けサロンや太陽光線等で肌を紫外線で焼いた状態で脱毛サロンに行き、施術を依頼しても、施術を延期する様に言われる可能性が高いので注意する必要があります。なぜなら脱毛したい部分だけでは無く、日焼けした黒色になった部分に前述したインテンスパルスライトが照射される可能性が高くなり、火傷の原因にも成り兼ねないからです。以上で、ムダ毛が剛毛であっても問題無いという事が証明された事になります。

ムダ毛の処理方法の選択は価値観次第

ただ、脱毛サロンに通う日数が平均的な効果を現す日数よりも、長く掛かると考えるのが自然です。どうしても短期間に、上記の様な毛質の女性が短期間に脱毛をしたいのであれば、強めの痛みに我慢する事が前提ですが、美容皮膚科等の医療レーザーでの施術も考慮に入れるべきかも知れません。どちらを選ぶかは、置かれた状況や価値観次第です。

このページの先頭へ戻る