脱毛を受けられないケース

 

脱毛を受けたいけれど受けられない場合もあります。脱毛を考えているのであれば脱毛を受けられる状態かどうかをもう一度見直すことをお勧めします。

まずは妊娠中の方です。
妊娠中には基本的に全身脱毛も含めた脱毛は行えません。理由としてはホルモンバランスの乱れが挙げられています。ホルモンバランスが乱れることによって正しく脱毛の効果が出ないので妊娠中は脱毛を避けます。ホルモンバランスとも関係していますが妊娠中には精神的にも不安定ですし、皮膚の状態もよくはありません。脱毛の痛みに敏感になる、皮膚が脱毛機器に普段よりも反応して炎症などを起こす可能性もあります。

次に生理中の方です。
生理中にはホルモンの分泌量が変わるというのもありますがVIOラインの場合は経血が出るため脱毛できないという事情もあります。脱毛予定となっていても生理が来たらその日はお休みして、生理が終わってから脱毛サロンへ行ってください。

次に、日焼けしている場合です。
これも全身脱毛以外にも言えることですが、脱毛機器の多くは色素の濃い部分に反応するようになっています。日焼けしているときは全体の色素が濃くなってしまうことから、脱毛機器が反応して痛みを催す可能性もあります。全身脱毛や一部脱毛をするときには普段から日焼けを防いで、日焼けしてしまったらしっかりとアフターケアをすることが大切です。特に脱毛予定日の前日や前々日には日焼けに十分注意しながら過ごしてください。

このページの先頭へ戻る