ブラジリアンワックスvs脱毛サロン

 

日本人と外国人女性のムダ毛処理の違い

現在の女性は脱毛サロンで施術を受けるという事に対して、一昔前よりも随分とハードルが下がり比較的安価で済むコース等を用意している所もある様です。しかし海外の女優やモデルでは無くても、デリケートゾーンのムダ毛処理をするのは当たり前ですが、日本人女性にとっては抵抗感がある人が多いでしょう。

ブラジリアンワックスで脱毛

その様な中、アメリカで話題となったドラマが日本でも放送される事になり、この物語中に登場したのがブラジリアンワックスです。このブラジリアンワックスはどの様に使用するのかと言えば、VIOラインに対して使われる模様です。脱毛サロンでもハイジニーナ脱毛というメニューを用意している事が増加しているようですが、どうしても女性が施術するとは言っても他人に見られたく無いという人もいるでしょう。その様な場合にはブラジリアンワックスをドラッグストアやインターネット通販等の手段で購入して使用すると良いかも知れません。価格は数千円程度から揃っており様々なバリエーションが揃っているので、自分の目的にあった商品を購入すると良いでしょう。

手軽さもあるが問題点もあるブラジリアンワックス

確かに簡単に脱毛する事が出来るし、ハイジニーナにも出来るのは間違いありませんが、VIOラインといえども人間は新陳代謝を絶えず行っているので、脱毛処理が完了したとしても数週間でまた伸びて来てしまいます。つまり、数週間おきに処理を行い続けなければならない事になりますし、毛根から引き抜く様なイメージで抜く事になりますから、強い痛みは避けられないので耐えるしか無いでしょう。ムダ毛を毛根から引っこ抜くという、毛穴がその反応として赤く腫れ上がる可能性が高くなります。見た目は大した事が無い様に見えますが、ムダ毛を引っこ抜いた跡には炎症がおきます。更に言えば、そこへ細菌等が入り込んでしまったりすると化膿してしまう事も無いとは言い切れません。腕や脚等の部位と違いVIOラインというのは、非常に敏感かつデリケートに出来ているので後々まで傷跡が残る可能性も考えられます。

賢く使い分けをするという方法

ですから理想としては脱毛サロンや、医療用脱毛が可能なレーザー脱毛で永久脱毛の施術を行えば結果から見れば安価で済んだり、衛生的な対応もしてくれますから信頼出来ます。賢く利用したいならVIOラインは脱毛サロンや皮膚科等の医療用脱毛を使用し、比較的耐性のある腕や脚等をブラジリアンワックスで処理をするという様にすると、良いかも知れません。

このページの先頭へ戻る